CALENDER

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

archives

2014.12.26 Friday

審査員の生の声

0

    ななゆりブログをご覧の皆様 こんばんは


     クリスマスも終わり、いよいよ年末ですね。

    今年も早かった・・。この仕事をするようになってから、年間スケジュールでこの月にはこれをやる!等決めているせいか、その内容もすぐに近づき、終了し、あっという間に12月になるような気がします だから、生徒達の成長も早く感じてしまう


     今週、ピティナ八王子支部の定例会がありました。

    各地区からピアノの先生方が集まり、主に、スッテプやコンペ、入賞者コンサートの段取りや企画実行など、皆さんと話合うのです。本当にお陰様でたくさんの先生方とお知り合いになりました。

     


     今回は、アドバイザー・審査員とご活躍の支部長が、

    「ステップ・コンペ等審査員をしながら、他審査員といつも参加者の演奏を聴いて話題に上がること」を曲を交えながら、教えて下さいました。

    これは、審査員同士だから感じる「もっとこうやって弾いて欲しい!」と言う生のご意見を聞けて、非常にためになりました。

    また、さらに上のピティナ評議員(課題曲選曲委員)である先生もいらして、審査員としての音楽の深いところまでのお話、審査、運営に至るまで・・「へ〜」と裏のお話まで聞けました

     何をお話されたかは、企業秘密として笑、当教室の生徒さんや保護者の方だけに今後、指導内容に含めてお話していきたいと思います 


     子供のころからの趣味の一環から音楽科教員になり、ピアノの先生をしていく中で、教育者同士、またピアノを愛する愛好家同士の集まりが常に身近に存在している事にとても嬉しく思っています。

     私は、まだピアノの先生としては若い方なのかもしれませんが、こうやって指導していく!こういう音をだしてもらう!と熱心な方ではないかと思っています。体力ないのに意志だけは強くて・・。体よついてきておくれ〜


    八王子には素晴らしい先生方がたくさんいらっしゃいますが、私も指導力や仕事力をかわれているようで、役に立っている存在のようです


    IMG_2225.JPG


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック